お知らせ

2022/03/14

CTGS圧電単結晶上にゼロTCFのSAWを発見

山梨大学の垣尾教授らとの共同研究により、CTGS圧電単結晶上に、電気機械結合係数が約1%でTCF (周波数温度係数) がゼロとなるSAW (弾性表面波)が存在することを理論的および実験的に明らかにしました。本研究成果は、2022年1月27日から開催された「圧電材料・デバイスシンポジウム2022」で発表いたしました。また、2022年4月24日からフランスで開催される国際会議「IEEE International Frequency Control Symposium」で講演が採択され発表する予定です。

SAWデバイスは、スマートフォンやその基地局、そして自動車に至るまで、電波の送受信を行う通信機器に必須の電子部品です。現在、LT (LiTaO3), LN (LiNbO3), 水晶 (SiO2)が使われておりますが、新しい圧電単結晶としてCTGSが注目されています。

発表資料はこちら